宇部興産の女性社員は、女性が働く場所として、宇部興産をどのように捉えているのだろうか? 今回、総合職として働く女性社員3名に、宇部市を代表する総合公園「ときわ公園」に集まってもらい、本音で語り合ってもらった。

INITIAL : M.K.
JOINED YEAR : 2017年入社
DEPARTMENT : 建設資材カンパニー
セメント開発

技術系セミナーに参加した際、上司部下関係なく自由に議論ができる雰囲気に惹かれ、入社を決意。現在はセメントグループの研究者として、日々実験に没頭中。

INITIAL : N.F.
JOINED YEAR : 2007年入社
DEPARTMENT : 化学カンパニー
工場管理

プラントの設計や工場の生産技術を経て、2016年に育児休暇制度を利用し1年間休職。復帰後、工場管理グループに部署を移し、時短勤務制度を利用しながら、現在はISO/OHSASの統合マネジメント業務に従事。

INITIAL : K.K.
JOINED YEAR : 2013年入社
DEPARTMENT : 化学カンパニー
管理

「モノづくりを通じて社会貢献」をテーマに就職活動を行う。入社後、宇部ケミカル工場 工場管理グループを経て、東京本社にて現職。

N.F.

はい。家族でよく来ますね。動物園や遊園地、色々あるので、子どもも大人も楽しめますよ。

K.K.

今は東京勤務なので来ることは滅多にないですが、宇部にいたときは何回か来ていました。新入社員のときは、同期全員とお花見に来ましたよ。あと、常盤湖の周りをランニングする先輩や同僚が多いですね。

M.K.

私は初めてなんです。ものすごく広いですね。ゆっくり彫刻や花を眺めながらこうやって散歩するのもたまにはいいかな。バーベキュー場もあるって聞いたので、今度友達と来たいです。

N.F.

宇部に住んでいる人には馴染み深いスポットですよね。ところで、今回こうやって私たち女性社員3人が宇部興産について語り合うわけだけど、一体何から話せばいいんだろう(笑)。

M.K.

私、同じ女性社員としてお二人に聞きたいこと、たくさんあります。

K.K.

私も最近結婚したばかりなので、先輩のお話聞きたいです。Nさんは結婚もされて、育児休暇も取られたので、これからの参考にしたいと思っています。

N.F.

参考になればいいけどな(笑)。最近は女性の採用数が増えてきていて、懇親会などで関わる機会も多いけど、全体としてはまだまだ男性比率が高いのが現状です。宇部興産にはこんな女性社員がいるんだってところ、学生の皆さんに知ってもらいたいですね。ところで、二人は趣味とかある?

K.K.

私は海外旅行ですね。直近ではクロアチアに行きました。今はヨガにハマってますね。Mさんは?

M.K.

ヨガですか!おしゃれですね。私はテニスとドライブです。最近車を買いまして。

N.F.

何買ったの?

M.K.

スポーツタイプの車です。

K.K.

ギャップ!

N.F.

軌道修正されちゃった(笑)。私は、子どもができるまではプラント設計や工場の生産技術を担当していました。なので現場に出ることも多く、半年間の海外勤務も経験しました。ただ、あのときは目の前の仕事に取り組むことに精一杯だったので、男性女性を意識することはなかったですね。

K.K.

でも、Nさんの頃は、安全面から女性の海外勤務は少なかったと聞きましたよ?

N.F.

うん。部内では反対の声も多くて、上司からもすごく心配されました。女性社員が海外勤務という例はあまりなかったみたい。Kさんは何度か海外出張を経験していますよね?

K.K.

はい。タイとシンガポールに行きました。グループ会社の工場で経理関係の打ち合わせや国際会議に参加しましたが、女性だから心配されるということはあまりなかったですね。手を挙げれば何でもやらせてもらえました。

M.K.

年々、男女の隔たりがなくなってきているってことですか?

N.F.

隔たりって意味では私のときも全くなかったかな。「男」「女」を区別するような人は一人もいませんでした。ただ、当時は前例があまりなかったので、純粋に「大丈夫か?」って上司に心配されたのね。男性と女性では、やっぱり体力的にも安全面でも同じとはいかないから。

K.K.

反対に、良い意味で女性であることを意識することもありますね。

N.F.

どんなところ?

K.K.

名前をすぐ覚えてもらえます(笑)。

M.K.

それ、私も思いました。有名人って訳ではないけど、女性というだけで目立つみたいで、すぐ顔と名前を覚えてもらえますよね。

K.K.

他部署に電話をしたときも「あー、◯◯さんね!」ってすぐ分かってくれて。

M.K.

工場内を歩いていても、私が名前を覚えてない人からも、「◯◯さん、おはよう」って声かけてもらえたり。

K.K.

素直に嬉しいですよね。

N.F.

うんうん。男性が多い会社だからこそ、かえって得することもあるってことですね。

K.K.

私、入社するまでは、宇部興産って歴史ある会社なので、ただ漠然と堅苦しい雰囲気なのかなって思ってました。でも、実際は違っていて、人間関係で悩むことなんてないし、のびのびと仕事ができます。

N.F.

ダメなところはダメ、良いところは良いとはっきり言ってくれる人ばかりだから、さっぱりしてるかもね。あとは、役職関係なく若手からも意見できるし、議論を大切にする風土がありますね。

M.K.

まだ入社したばかりですが、私もそう思います。時間を惜しまず、親身になって話を聞いてくれる人が多くて、「会社員」としてではなく、「人」として育てようという愛情を感じます。でも……。

K.K.

でも?

M.K.

でも、それって女性だからなのかなって思うこともあるんです。女性だから優しくしてくれて、女性だから気遣ってもらえて・・・。何て言えばいいんでしょうか、本当は叱りづらいんじゃないかとか、無理に気を遣わせてしまっているんじゃないかと、ちょっと気にしてしまいます。特に、私の部署は、総合職の女性社員がまだ多くはないので、女性の部下の扱い方に慣れていないのかなって。

K.K.

私もそう思うことあったなあ。気を遣わせちゃってるんじゃないかなって、逆に気を遣っちゃいます。

N.F.

私も当時はそうだったかも。でも、「それはそれでいいんだ」って開き直ったら、案外気持ちが楽になったかな。女性には女性の、男性には男性の、それぞれ得意としていることがあると思うし。できないことはできない。それでいいんだと思う。

M.K.

堂々としていればいいってことですね。

N.F.

そういうこと!

M.K.

え、そう振られると聞きづらいですね。ちょっと真面目な話になっちゃいますよ?

N.F.

大丈夫!

M.K.

じゃあ、お聞きします。皆さんはどのように仕事と家庭を両立させているのでしょうか? 私もゆくゆくは結婚したいですし、子育てにも挑戦したい。もちろん、会社の制度は整っていますが、でも実際には、簡単ではないと思うんです。

N.F.

そうですね。正直に言うと、Mさんの思っている通り、簡単なことではないです。でも、かといって私が今ここにいるように、不可能なことでもないかな。気軽に相談できる上司もいるし、社員はとても協力的な人ばかりだから、意識を変えてみれば両立はできると思います。

K.K.

私は最近結婚しましたが、子どもはまだいません。やっぱり子どもができると状況が一変するものなんですか?

N.F.

うん。子どもができる前とできた後では全く違いますね。設計や生産技術の仕事では、ヘルメット姿で現場に出て、色々作業することが多いんですが、妊娠してからはお腹の赤ちゃんのことを心配して、何をするにしてもためらいがちになりました。

M.K.

どんな気持ちでした?

N.F.

仕事をちゃんとしたい、でも思うように仕事ができない。ジレンマかな。

K.K.

どうやってそのジレンマから抜け出したんですか?

N.F.

当時の上司の言葉のおかげかな。結婚することを上司に報告したとき、「仕事も頑張ります」と言ったら、こう返ってきたんだ。「頑張るのはいいけど、仕事をするために生きているわけではないから、まずは自分の生活を大事にしなさい」って。ふっと肩の荷が下りてね。気持ちが楽になった。

K.K.

深いですね。

M.K.

それで、育児休職から復帰されて今の部署に?

N.F.

うん。子どもが小さいので、残業することができないし、子どもが熱を出した時は早く帰らなきゃならない。以前のように働き続けるのは難しかったから、ある程度融通が利く今の工場管理グループに異動させてもらいました。出産や育児に対して理解ある人たちで良かったなって思う。

K.K.

制度としてはもちろんですが、周りの人たちのサポートなしでは仕事と家庭の両立って難しいんですね。

N.F.

うん。そういう意味でも、宇部興産に入って良かったって思いますね。

K.K.

私は、この先、出産や育児を経験すると思いますが、Nさんのように会社の制度を利用しながら働き続けていきたいですね。仕事面では、今は与えられたものを分析することがメインですが、そこからステップアップして、自分で仕事をつくりだせるようになりたいです。そして最終的には管理職に。もちろん、仕事と家庭の両立は大変だと思いますが、何事も楽しんでいきたいですね。

M.K.

私は、自分で研究テーマを見つけられるようになりたいです。きっと今よりもっと仕事が楽しくなると思うんです。あと、将来、結婚や出産、子育てを経験すると、それぞれ状況次第で考え方は変わってくると思います。その時々で、自分にとって大切なものは何かを考えて、常に「私らしく」過ごしていけるといいです。

N.F.

私も、キャリアアップは意識しています。出産などで人によって差は出てくるけど、私は私で、自分のペースで、母として、そして宇部興産の社員として成長していけたらと思います。そしてKさんやMさんのような若い女性社員のお手本となるような存在になれたら嬉しいです。ところで、Mさん、聞きたかったことは全部聞けたのかな?

M.K.

はい。すごく参考になりました。簡単なことではないけど自分次第なんだなと思えましたし、周囲も協力的な方が多いと聞けて安心しました。ありがとうございました!

K.K.

私もこれから色々な人生の岐路に立つと思いますが、夫や上司との話し合いを大事にしながら生きていきたいですね。

N.F.

何かあればいつでも聞いてください。またここで語り合ってもいいですね!

面積約100haにおよぶ常盤湖を中心に広がる緑と花と彫刻に彩られた総合公園。「ミュージアム」「動物園」「遊園地」など、子どもから大人まで1日中楽しめる宇部市を代表する人気スポット。公園内は四季折々の自然美に飾られ、NHKが募集した「21世紀に残したい日本の風景」で、総合公園としては全国で第1位にランキングされた。