UBE
Menu
Mypage Entry

Person
研究

いつか、自分のつくった薬で
多くの命を救うために
Initial
A.N.
Department
化学カンパニー 医薬研究
Career
11年目
Topic
01

入社理由

技術に対する熱量

大学では有機合成について学び、マイクロウェーブを使った天然物の全合成、具体的にはポリフェノール誘導体の合成をしていました。就職活動の際は有機合成に興味があったので、化学メーカーや製薬メーカーを目指していました。面接を受ける中で、UBEの技術面接が充実していること、そして技術に対する力のかけ方が他社とは違い、面接官の方たちの熱意を感じて、一緒に仕事がしてみたいと思いました。

Topic
02

仕事で大切にしていること

かすかな手応えを積み重ねる

現在はあるテーマの主担当として、創薬研究に取り組んでいます。成功体験を得る機会が少ない中で、トライアル・アンド・エラーを繰り返し、かすかに感じる手ごたえを積み重ねて薬は生まれていきます。医薬の力で世界中の病に悩む人たちを救いたいという気持ちを持ち続けることが大切です。あとは、あきらめが悪い人でないといけませんね。

Topic
03

UBEならではのこと

上流から下流まで
幅広く関われる

製薬専業メーカーでは化合物合成、薬理研究、薬物動態研究、製剤・製法開発、臨床試験など、厳密に専門分野ごとの仕事が分かれているのが普通です。一方UBEでは、それぞれの研究員とチームを組んで幅広く上流から下流までに関わることができます。ドラッグデザインをしながら、その技術を守る特許や開発支援にまで関わることができるのはUBEならではです。つまり、単に化合物を探索するだけでなく新薬が生まれるまでのさまざまなステージに関わっていくことができるわけです。

Topic
04

これからの目標

みんなの笑顔のために

新しい薬を世の中に送り出すことは、世界を変えることです。私の研究成果が、多くの人の命を救うかもしれません。しかし、現在は残念ながら、治療薬がないために亡くなってしまう人たちがまだまだいます。そのような人たちに、化学の立場から希望を与え続け、そして一人ひとりの笑顔に寄与していきたいです。

UBERECRUITMENT