UBE
Menu
Mypage Entry

Person
生産技術・
エンジニアリング

タイでのプラント建設経験が
技術者として自分を成長させた
Initial
M.T.
Department
化学カンパニー 生産技術
Career
14年目
Topic
01

入社理由

若手の頃から
現場を任される社風

大学では化学工学の研究室に所属し無機材料(陰イオン交換体)の合成を行っていました。例えば廃液に溶けているリンや窒素を陰イオン交換体により除去するという実験をしていました。UBEはチームワークや研究環境の風通しの良さに加え、早いうちから現場を任される社風だと、UBEで働いている大学の先輩から聞いていました。中でも、その先輩が自分で関わった案件で、実際の設備の試運転に立会い、設備が動いたときの感動秘話などを聞いて、「自分も将来こんな仕事をしてみたい」と強く感じました。

Topic
02

入社して感じたこと

自ら課題を見つける力

1年目は会議で飛び交っている話がまったく分からず、ひそかに大きなショックを受けました。大学ではまじめに勉強をしていた方だと思っていたのですが(笑)。まずは経験豊かな上司から話を聞き、実際に工場へ足を運んで現場を見て、疑問に思ったことを質問する日々でしたね。自分から課題を見つける力と、解決への行動を支えてくれる周囲の力が、今の自分の成長につながったと思います。根気よく付き合ってくれた上司には心から感謝しています。

Topic
03

印象的なエピソード

3年かけてつくり上げた
タイの自社プラント

現在までに、タイでの新規自社ブラントの建設および立ち上げに関わりました。このプラントはUBE独自の技術に加え、海外ベンダーの技術を取り入れ、生産プロセスからの大幅なコスト削減を狙った新しいタイプのプラントだったので、ほとんどすべてがゼロからのスタートでした。手探りの状態から、ドイツ、スイス、日本などの技術を組み合わせ、約3年の月日をかけて一つの工場をつくり上げた経験は、エンジニアとして本当に貴重な経験だと思います。今後はタイで身につけたこのノウハウを、日本やスペインのナイロンプラントに水平展開させていきたいです。

UBERECRUITMENT