UBE
Menu
Mypage Entry

Person
開発

良いモノとは、
使う人に選んでもらえるモノのこと
Initial
T.S.
Department
化学カンパニー プロセス開発
Career
7年目
Topic
01

仕事内容

新しいプロセスを生み出す

製品の品質と生産性の向上を目指して、新しいプロセスの考案・改善をしています。例えば、ある製品の最適なプロセスを提案したり、プロセスに最適な原料の粒子形を検討したりします。製造プロセスの中の与えられた一部分だけを担当しているのではなく、すべての工程を一つの流れとして捉え、改善提案を行います。生産工程をより良くするためなら何でもできる仕事ともいえるかもしれません。

Topic
02

入社して感じたこと

機能とコストのバランス

学生時代に考えていたモノづくりは、とにかく「より高機能なもの」をつくる、ということでした。時間がかかっても費用がかかっても、それは「より高機能なもの」をつくるためだから、と考えていたんです。しかしUBEに入社してプロセス開発の仕事をする中で、大切なことは「製品の機能とコストのバランス」なのだと気づきました。

Topic
03

仕事で大切にしていること

大切なのは
「使いたい製品」かどうか

実際に製品を使う人が見ているのは「高機能」かどうかだけではなく、「使いたい製品」かどうか。自分だけが考える「良いモノ」をつくっても、「製品」として使われなければ、世の中で選ばれなければ、全く意味がないのです。だからこそ、より機能性の高いモノをつくることと、生産性を上げることの双方を目指すプロセス開発はモノづくりにおいてとても大切な仕事だと思っています。

Topic
04

これからの目標

製品に自分が名前をつける、
なんてことも

常により良く、世の中で選ばれるモノをつくりたい。「これは自分の仕事だ」と思えるモノを世の中に出してみたい。イチ研究者としては、やはりそういう夢があるものです。実際に製品として売られているとか、誰かが使ってくれているとか。目に見える成果が出たときに改めて、UBEに入ってやってきたことを感じられるのかもしれません。自分の提案した製品に自分で名前をつける、なんてことも、いつかは叶えたいと思っています。

UBERECRUITMENT